光学機材か使いやすい浜松ホトニクスの株価

浜松ホトニクスはテレビ関連に使用する真空管などを取り扱うビクターの関連企業としてスタートした企業です。現在では光学機材を中心としてのデバイスを提供しています。その使いやすいデバイスが評価されるとともに高いシェアを持つことから、その株価は上昇基調にあります。最近では出来高を伴って下げに転じていますが、これは利益確定による一時的な下げと見られています。25日移動平均線を下抜けることによって下げを加速させていますが、75日移動平均線に跳ね返されることになれば再び上昇に転じると予測されています。浜松ホトニクスの業績は堅調に推移していることから、長期的には上昇が続くと見られているわけです。基本的に製造するデバイスはオーダーメイドとなるために、使いやすいと評価されているわけです。またその性能においても定評があるので、業績としても安心感があります。その背景を元に株価も長期保有するには安心感があるものとなります。その株価の動きも比較的分かりやすいものとなっています。75日移動平均線を下値支持線として反発するようであれば、投資銘柄としても浜松ホトニクスは使いやすい投資対象と言えるものとなります。ただし長期保有を前提とするのであれば、あくまでも利益確定のための手仕舞いとのスタンスを取ることになります。そして下げ相場においては買い増しのタイミングをはかるようになるわけです。株式投資においては様々な手法がありますが、長期移動平均線も利用できるツールのひとつとなります。浜松ホトニクスのチャートを見てみると、綺麗な型を作っているので移動平均線を使うと取引しやすいものとなります。あとは株数をどのように操作するかを工夫することになります。